2013年10月31日

スターバックス、相原保奈東北地方太平洋沖地震の被

スターバックス・コーポレーションおよびスターバックス コーヒージャパン株式会社は、被災者の救済活動のため、米国赤十字社、日本赤十字社を通じて1億円の義援金を寄付することを決めた.
posted by KoudaShiori at 06:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

asahi.com(朝日新聞社)相原保奈: 羽生

第70期将棋名人戦・順位戦A級の7回戦、羽生善治二冠―久保利明二冠戦は12日、東京・将棋会館で指され、羽生二冠が101手で勝って、通算成績を7勝0敗とした. 久保二冠は1勝6敗となった.
posted by KoudaShiori at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

川の底からこんにちは』

しょうがないから開き直って頑張るしかないんです! そんな満島ひかりが格好いい! 第19回PFFスカラシップ作品として、また石井裕也監督の劇場デビュー作として、そして石井裕也監督と満島ひかりさんが結婚するきっかけとなったこの映画は、妥協人生に終止符を打ちたい全ての人が勇気付けられる、いや開き直れるミニシアターの怪作だと思います. 5つ目の職場はお茶汲みばかりの仕事、5人目の彼氏は子持ちのうえに編み物が趣味の薄っぺらいエセエコライフヲタクで、足を伸ばして電気を消せば足を痛め、5年前に駆け落ちして田舎を出た過去も忘れたい、自称「中の下の女」木村佐和子. そんな妥協人生まっしぐらな無気力佐和子が父親が肝硬変で倒れたから実家のシジミ工場を継ぐといっても、アクの強いおばちゃん従業員からは冷たい目で見られ、幼馴染にはエセエコライフ彼氏を寝取られ、彼氏の連れ娘の加代子はダンマリされと、とことん人生に希望が持てない有様. でもそんな佐和子が開き直って「駆け落ちしましたけど、しょうがないじゃないですか! 」「加代子、あんたも中の下なんだから頑張るしかないんだよ! 」と、突き進む姿は本当に格好いいの一言. 特に加代子と帰宅した時の第一声が「ダルっ」というのはいいですね. 何か大きな目標があるとか、自分には特別な能力があるからと信じるとかではなく、6歳の頃からボットン便所の後処理をしてきたのと同じように、しょうがなく頑張ってきた人間の本音が垣間見れているみたいで、ちょっと格好よく見えてしまうんですよね. 私も経験がありますが、人生に希望を持てなくなる時って周囲に本音で話してくれる人がいない時なんですよね. こちらが腹を割って話しても、世間体や奇麗事を並べて相談に乗っているつもりの人の言葉ばかりを聞いていると、「もう、どうでもいいわ」と思いたくなるもの. その繰り返しが妥協人生まっしぐらへと変わっていくのです. ただ妥協人生を歩んでも誰もがどこかで一念発起したいと思っているもの. そして一念発起した時には必ず近くで一緒に頑張ってくれる人や見守ってくれる人が必要なもの. 佐和子の場合はそれが加代子や新しいお母さんズであり、本音で真正面からブチキレる姿に共感すれば、シジミ汁をお裾分けしてくれたり、とある2人を除きみんな父親と不倫していたことを打ち明けてくれたり、葬式が無事終わればみんな佐和子の新しいお母さんズになってくれたりしてくれるんですよね. それが時に滑稽にも見えつつも、その奥に田舎ならではの「頑張る人に悪い人はいない」精神が呼び込む人情の温かさを感じるんです. ですからラストで佐和子が「お父さ~ん、お母さ~ん」と叫ぶのは、恐らく彼女なりの世の中への宣戦布告なんでしょう. これまで「しょうがない」の妥協人生を歩んできた佐和子なりの「しょうがないから開き直って頑張るしかない」という決意の報告なんでしょう. その姿も、エコライフ彼氏やシジミ採りオヤジの情けない姿がいい対比になっていたこともあって、格好よく見えてしまうんですよね. やっぱり男女問わず開き直って頑張っている人はいつ見ても格好いいですわ. それにしてもこの映画で一番面白かったのはやはり木村水産の社歌. 社名を出さずに大不況が来たら政府を倒すまで! と言い切るあの姿、格好良過ぎます! 日々の生活に落ち込んだ時にこそ聞きたい名曲? です. ※木村水産社歌 上がる上がるよ消費税 金持ちの友達一人もいない 来るなら来てみろ大不況 その時ゃ政府を倒すまで 倒せ倒せ政府 シジミのパック詰め シジミのパック詰め 川の底からこんにちは 一度や二度の失敗と 駆け落ちぐらいは屁の河童 駄目な男を捨てられない 仕事は基本つまらない 中の下の生活 所詮みんな中の下 楽しいな 楽しいな (中の下 中の下 どうせみんな大した人生じゃないし 鼻っから期待してませーん) シジミのパック詰め シジミのパック詰め 川の底からこんにちは~♪ 深夜らじお@の映画館 も開き直って人生を頑張り直します. ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 に行こう.
posted by KoudaShiori at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。